メールレディの知恵~稼ぎまくる秘訣~

男心がわかればメールレディで稼ぐ事はたやすいのです! - 合わなくても文字で表情が伝わる

合わなくても文字で表情が伝わる

実はメールというのは 自分が思っている以上に 自分がメールを打っているときの雰囲気や状況などを反映するものなのです。

例えばとても疲れていて、もういやだな〜〜メールなんて打ちたくないな〜って思っているのであれば たとえないようがとても楽しいことだったとしても

メールを受け取った相手としては「なにか変」と思ったりするものなのです。

だからこそ、あまり自分が乗り気じゃない時やメールを打っている場合じゃない時などには 積極的にメールはしないほうがよいでしょう

もしもどうしてもメールをする必要があるのであれば 「ちょっと忙しくて簡単なメールでごめんね」のように書いておくことも必要かもしれません。

大切なのは 自分の感情や雰囲気はメールを通じて相手にかなり伝わっている、ということなのです。

もしも、どうしても自分のその雰囲気などを伝えたくない!

落ち込んでいることを知られたくないって思っているのであれば この時には

できるだけメールの本文に絵文字をつかったりするとまた違うと思います。

自分の気分が落ち込んでいると どうしても絵文字などを使わないようになる傾向があるので

ぜひ、積極的に絵文字やデコレーションをして明るい雰囲気のメールにしてみるのもいいと思います。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2014 メールレディの知恵~稼ぎまくる秘訣~ All Rights Reserved.